2018年03月07日

南アジアの開発援助の現場から、海外ボランティアに求められる役割とその展望を論じる



アジアの開発援助の現場から、海外ボランティアに求められる役割とその展望を論じる。住民とともに歩むフィールドワーカーを目指す人のための国際ボランティア学。...続きは本文で

【 著者 】 庄野護
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
南アジアの開発援助の現場から、海外ボランティアに求められる役割とその展望を論じる。住民とともに歩むフィールドワーカーを目指す人のための国際ボランティア学。

【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:219ページ
出版社:南船北馬舎
言語:日本語
梱包サイズ:20.8 x 14.6 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  南船北馬舎
  経済協力.経済援助
  国際法
  民間国際機関
  経済協力開発機構[OECD]
  一般向け
  社会科学 / 社会
  国際航空運送協会[IATA]
  ノーベル財団
  庄野 護
  国際協力のフィールドワーク
  4931246125
  国際アムネスティー



【関連図書】


スリランカ学の冒険


posted by BookReviewer at 19:44| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする