2018年03月06日

幸せスイッチ (光文社文庫)【小林泰三】



親が急死し、多額の遺産を相続した少女が恋をした。初めての恋が、彼女から財産も将来への希望も、何もかもを根こそぎ奪ってゆく。絶望の末に少女が出会った、すべての苦痛から解放してくれる「幸せスイッチ」とは?...続きは本文で

【 著者 】 小林泰三
【 評価 】 1.9
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
両親が急死し、多額の遺産を相続した少女が恋をした。初めての恋が、彼女から財産も将来への希望も、何もかもを根こそぎ奪ってゆく。絶望の末に少女が出会った、すべての苦痛から解放してくれる「幸せスイッチ」とは?(表題作)一刻を争う病状の幼女を搬送する救急隊員に、母親が無理難題を押しつけて翻弄する「診断」。鬼才が仕掛ける、邪悪で奇妙な六つの物語。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:344ページ
出版社:光文社
言語:日本語
梱包サイズ:15.2 x 10.6 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  光文社
  4334768687
  0193
  〔か行の作家〕
  日本の小説
  近代:明治以後
  小林 泰三
  幸せスイッチ (光文社文庫)
  日本文学



【関連図書】


安楽探偵(光文社文庫)

因業探偵:新藤礼都の事件簿(光…

世界城(日経文芸文庫)

惨劇アルバム(光文社文庫)

百舌鳥魔先生のアトリエ(角川ホ…

アリス殺し(創元クライム・クラ…


posted by BookReviewer at 20:34| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする