2018年02月28日

様々な制度改革,法改正によって日本の株式会社制度とガバナンスは激動の時代を迎えた



々な制度改革,法改正によって日本の株式会社制度とガバナンスは激動の時代を迎えた。その結果,企業経営に何がもたらされてきたのか。株主と会社との関係の意義に立ち戻ってガバナンスの本来の目的を明らかにし有効...続きは本文で

【 著者 】 加護野忠男
【 評価 】 4.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
様々な制度改革,法改正によって日本の株式会社制度とガバナンスは激動の時代を迎えた。その結果,企業経営に何がもたらされてきたのか。株主と会社との関係の意義に立ち戻ってガバナンスの本来の目的を明らかにし有効に機能させるための制度を多角的に考察。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:350ページ
出版社:有斐閣
言語:日本語
梱包サイズ:19.2 x 13 x 2.6 cm

【本書のキーワード】
  企業.経営
  加護野 忠男
  経営学・経営理論
  総合商社
  4641163529
  3-4641163529
  コーポレート・ガバナンスの経営学 -- 会社統治の新しいパラダイム
  私企業.会社
  砂川 伸幸
  有斐閣
  経済
  吉村 典久



【関連図書】


企業戦略論【上】基本編競争優位…

イノベーションへの解利益ある成…

MBAバリュエーション(日経B…

はじめての統計学

人を助けるとはどういうことか本…

消費者行動論--マーケティング…


posted by BookReviewer at 00:55| 投資・金融・会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする