2018年02月26日

石油の需給逼迫や脱原発などエネルギー危機が叫ばれるなか、主に北米において生産量を急増させているシェールガスは、将来の「エネルギー救世主」との呼び声も高い



油の需給逼迫や脱原発などエネルギー危機が叫ばれるなか、主に北米において生産量を急増させているシェールガスは、将来の「エネルギー救世主」との呼び声も高い。本書では、シェールガスについての基礎的な知識から...続きは本文で

【 著者 】 吉田克己
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
石油の需給逼迫や脱原発などエネルギー危機が叫ばれるなか、主に北米において生産量を急増させているシェールガスは、将来の「エネルギー救世主」との呼び声も高い。本書では、シェールガスについての基礎的な知識から、今後のエネルギー事情に与える影響、さらには、シェールガスの普及・拡大で伸びる産業・ビジネスに至るまで、業界関係者が知っておくべきシェールガスの実際知識について解説していく。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:192ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 15 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  メタンガス
  吉田 克己
  シェールガス革命とは何か
  4492762043
  天然ガスの採取:石油ガス
  天然ガス工業[メタンガス]
  伊原 賢
  東洋経済新報社



【関連図書】


シェールガス革命で世界は激変す…

原油暴落の謎を解く(文春新書)

エネルギー論争の盲点天然ガスと…

シェールガスの真実―革命か、線…

「反原発」の不都合な真実(新潮…

シェール革命繁栄する企業、消え…


posted by BookReviewer at 20:23| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする