2018年02月26日

全国どこにでもあって、いつでも、何でも欲しいものが手に入るコンビニ



国どこにでもあって、いつでも、何でも欲しいものが手に入るコンビニ。その便利さの影で何が起きているか…地域で加盟店が地域貢献の担い手になれるよう、本部が持っている財源と権限を公正に加盟店に移譲する―そこ...続きは本文で

【 著者 】 姫井 由美子
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
全国どこにでもあって、いつでも、何でも欲しいものが手に入るコンビニ。その便利さの影で何が起きているか…地域で加盟店が地域貢献の担い手になれるよう、本部が持っている財源と権限を公正に加盟店に移譲する―そこに、フランチャイズ・ビジネスの本部と加盟店の共存共栄と地域の発展の「鍵」がある。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:186ページ
出版社:花伝社 (2011/12)
言語:日本語
発売日:2011/12
梱包サイズ:19.1 x 13 x 2.2 cm

【本書のキーワード】
  花伝社
  商業
  スーパーマーケット.チェーンストア
  大規模小売店舗
  コンビニ改造論
  スーパー・百貨店・チェーンストア
  フランチャイズチェーン
  デパート[百貨店].スーパーマーケット.チェーンストア
  4763406205
  姫井 由美子



【関連図書】


コンビニの光と影

コンビニ欺瞞商法―コンビニ会計…

コンビニ店長の残酷日記(小学館…

コンビニ不都合な真実(ベストセ…

「激変の時代」のコンビニ・フラ…

セブン‐イレブンの正体


posted by BookReviewer at 10:46| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする