2018年02月26日

なぜ騙されるのか?―悪質商法の見分け方と撃退法【村千鶴子】



「自分は大丈夫」と思っている人ほど危ない!】 深刻な社会問題となっている悪質商法被害の多くは働き盛りのサラリーマン。世間を知り、自分は大丈夫だと思っている人がなぜだまされるのか、被害を起こす事業者と消...続きは本文で

【 著者 】 村千鶴子
【 評価 】 4.3
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
【「自分は大丈夫」と思っている人ほど危ない!】
深刻な社会問題となっている悪質商法被害の多くは働き盛りのサラリーマン。世間を知り、自分は大丈夫だと思っている人がなぜだまされるのか、被害を起こす事業者と消費者の間にある「格差」とは何か。
消費者問題の第一線でとりくむ弁護士が語る悪質商法の手口と病理、被害の対処法。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:190ページ
出版社:新日本出版社 (2007/11)
言語:日本語
発売日:2007/11
梱包サイズ:18.4 x 13.2 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  消費者問題.苦情処理機関
  なぜ騙されるのか?―悪質商法の見分け方と撃退法
  4406050752
  社会
  村 千鶴子
  事件・犯罪
  消費者運動
  新日本出版社



【関連図書】


だましの手口(PHP新書)


posted by BookReviewer at 00:53| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする