2018年02月23日

11世紀から13世紀まで、200年にわたって西欧キリスト教徒が行った近東への軍事遠征―それが十字軍である



1世紀から13世紀まで、200年にわたって西欧キリスト教徒が行った近東への軍事遠征―それが十字軍である。ヨーロッパ側の史料と史観に依拠することもっぱらで、ときに「聖戦」の代名詞ともされる、この中世最大...続きは本文で

【 著者 】 アミン マアルーフ
【 評価 】 4.1
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
11世紀から13世紀まで、200年にわたって西欧キリスト教徒が行った近東への軍事遠征―それが十字軍である。ヨーロッパ側の史料と史観に依拠することもっぱらで、ときに「聖戦」の代名詞ともされる、この中世最大の文明衝突の実相は、はたしてどのようなものだったのだろうか。豊富な一次史料を用い、ジャーナリストならではの生き生きとした語り口で、アラブ・イスラム教徒の観点からリアルな歴史を再現して、通念を覆し偏見を正すとともに、今日なお続く抗争と対立からの脱却の途を示唆する反十字軍史。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:489ページ
出版社:筑摩書房; 改訳版
言語:日本語
梱包サイズ:14.6 x 10.6 x 2.2 cm

【本書のキーワード】
  一般向け
  ヨーロッパ史・西洋史
  十字軍 1096-1270
  筑摩書房
  アラブ諸国
  アミン マアルーフ
  文庫
  Amin Maalouf
  アラブが見た十字軍 (ちくま学芸文庫)
  4480086153
  新川 雅子
  エジプト・メソポタミア
  西南アジア.中東[近東].イスラム圏
  牟田口 義郎



【関連図書】


十字軍騎士団(講談社学術文庫)

イスラームから見た「世界史」

十字軍:ヨーロッパとイスラム・…

イスラームの「英雄」サラディン…

生き残った帝国ビザンティン(講…

十字軍物語〈1〉


posted by BookReviewer at 02:43| 歴史・地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする