2018年02月17日

「負けても負けても指せる夢のような棋戦」であると同時に「負けても負けても指さなければいけない悪夢のような棋戦」――順位戦



負けても負けても指せる夢のような棋戦」であると同時に「負けても負けても指さなければいけない悪夢のような棋戦」――順位戦。順位1枚の差が分ける明と暗に彩られたドラマを、創刊30年を迎える週刊将棋の記事、...続きは本文で

【 著者 】 週刊将棋
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
「負けても負けても指せる夢のような棋戦」であると同時に「負けても負けても指さなければいけない悪夢のような棋戦」――順位戦。
順位1枚の差が分ける明と暗に彩られたドラマを、創刊30年を迎える週刊将棋の記事、写真で振り返る記念碑的書籍の下巻です。

第1章の1998年度の名人は佐藤康光。挑戦者は谷川浩司九段。そこから時代は流転する。
△8五飛を武器にした丸山の挑戦、佐藤・羽生・藤井による3者プレーオフ、森内の史上初のA級9戦全勝、棋史に残る羽生・谷川のプレーオフ、佐藤康光の劇的残留、そして陥落、郷田・三浦のA級制覇、羽生のA級21連勝、そして前人未踏の3連続挑戦。

A級だけを見てもこれほどのドラマ。本書ではA級~C2までの好局を当時の記事、写真、棋譜を使って紹介しています。

632ページの大ボリュームでお贈りする、まさに将棋ファン必買の一冊です。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):632ページ
出版社:マイナビ
言語:日本語
梱包サイズ:20.8 x 15 x 3.8 cm

【本書のキーワード】
  4839953597
  週刊将棋
  マイナビ
  将棋
  諸芸 娯楽
  将棋順位戦30年史 1998~2013年編



【関連図書】


将棋順位戦30年史1984~1…

将棋タイトル戦30年史1998…

将棋タイトル戦30年史1984…

将棋世界2018年3月号

プロ棋士カラー名鑑2018(扶…

将棋世界2018年2月号


posted by BookReviewer at 23:13| 趣味・実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする