2018年02月14日

真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク (集英社文庫)【喜多 喜久】



カルト研究サークルに所属する主人公が、フィールドワーク先の村で不思議な少女と出会う。まるで宇宙人のような彼女の正体と、村で起こった凄惨な事件の関係は?(解説/大森望)...続きは本文で

【 著者 】 喜多 喜久
【 評価 】 3.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
オカルト研究サークルに所属する主人公が、フィールドワーク先の村で不思議な少女と出会う。まるで宇宙人のような彼女の正体と、村で起こった凄惨な事件の関係は?(解説/大森望)



【本を見る】
アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:325ページ
出版社:集英社
言語:日本語
梱包サイズ:15.2 x 10.6 x 2 cm

【本書のキーワード】
  近代:明治以後
  0193
  集英社
  日本文学
  喜多 喜久
  真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク (集英社文庫)
  4087452336
  〔か行の作家〕
  日本の小説



【関連図書】


創薬探偵から祝福を(新潮文庫n…

研究公正局・二神冴希の査問幻の…

リプレイ2.14(宝島社文庫『…

二重螺旋の誘拐(宝島社文庫『こ…

恋する創薬研究室片思い、ウイル…

アルパカ探偵、街を行く(幻冬舎…


posted by BookReviewer at 20:41| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする