2018年02月12日

「もう疲れた」と思ったときに読む本 モタさん流「心のゆとり」のつくり方 (じっぴコンパクト)



【 著者 】 斎藤茂太
【 評価 】 3.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
人生では、思い通りに事が進まず、疲労困憊することもある。そのとき「もうダメだ」と思い込むのと、「これはチャンスだ。もう一度スタートするつもりでいこう」と思うのでは大きな違いがある。気ぜわしい現在の社会で、どうしたら真に余裕のある幸せな人生がおくれるのか――人生の達人・モタさんが、イライラ・うつうつしがちな現代に生きる私たちに贈る、誰でもできる「ワークライフバランス術」。仕事も、人間関係も、家庭も、趣味も、どれも楽しめば、どれも良くなる――読めば、心が軽くなること間違いなし!
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:184ページ
出版社:実業之日本社
梱包サイズ:17.8 x 11.8 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  人生訓.教訓
  bookoff1-.44
  「もう疲れた」と思ったときに読む本 モタさん流「心のゆとり」のつくり方 (じっぴコンパクト)
  4408420026
  斎藤 茂太
  倫理学 道徳
  実業之日本社
  処世法
  人生論・生き方



【関連図書】


気持ちの整理―不思議なくらい前…

「心の掃除」の上手い人下手な人…

いい言葉は、いい人生をつくる(…

モタさんの心がフワリと軽くなる…

幸せを呼ぶ孤独力―“淋しさ”を…

くよくよしない人の頭のいい習慣…


posted by BookReviewer at 21:22| 新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする