2018年02月12日

1888年、ニーチェを精神錯乱が襲う直前に、彼はその悲劇を予感するかのように、精力的に著作活動に従事する



【 著者 】 フリードリッヒ ニーチェ
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
1888年、ニーチェを精神錯乱が襲う直前に、彼はその悲劇を予感するかのように、精力的に著作活動に従事する。ヴァーグナーとその運動への宣戦布告の書『ヴァーグナーの場合』『ニーチェ対ヴァーグナー』。そして、すべての価値の価値転換の書『偶像の黄昏』『反キリスト者』。キリスト教においては、生を強化するものが悪とされ、弱化するものが善とされる。すなわち、それは、強者に対する弱者のルサンチマンの所産にほかならない。ニーチェ最晩年の激烈の思索。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:588ページ
出版社:筑摩書房
梱包サイズ:14.8 x 10.6 x 2.4 cm

【本書のキーワード】
  ニーチェ Nietzsche
  ドイツ・オーストリア
  西洋哲学
  生の哲学.現象学.実存主義
  フリードリッヒ ニーチェ
  Friedrich Wilhelm
  ドイツ・オーストリア哲学
  全集・選集
  一般向け
  文庫
  原 佑
  筑摩書房
  ニーチェ全集〈14〉偶像の黄昏 反キリスト者 (ちくま学芸文庫)
  Friedrich Nietzshe
  4480080848



【関連図書】


ニーチェ全集〈11〉善悪の彼岸…

ニーチェ全集〈12〉権力への意…

ニーチェ全集〈13〉権力への意…

ニーチェ全集〈8〉悦ばしき知識…

ニーチェ全集〈5〉人間的、あま…

ニーチェ全集〈4〉反時代的考察…


posted by BookReviewer at 17:58| 人文・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする