2018年02月07日

「自分が作ったもので、目の前の観客を楽しませたい」新しい笑い、見た事のないエンタテインメントを作り続ける小林賢太郎の、「面白くて、美しくて、不思議であるための」99の思考



【 著者 】 小林賢太郎
【 評価 】 4.3
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
「自分が作ったもので、目の前の観客を楽しませたい」新しい笑い、見た事のないエンタテインメントを作り続ける小林賢太郎の、「面白くて、美しくて、不思議であるための」99の思考。

コントグループ「ラーメンズ」、K.K.P.(小林賢太郎プロデュース公演)、ソロパフォーマンス「Potsunen」などで常に新しい笑いの世界を構築し続ける小林賢太郎が初めて明かす、創作の源。アイデアは思いつくというよりたどりつくもの/1行でも自分のためになると思ったら、その本は買いだ/我慢ではなく努力、後悔ではなく反省/経験と環境にお金を使う/芸術だって経済的な成功は大事/身なりを整える/人を傷つけない笑いであること/出来ない理由を並べずに、出来る方法を考える/代案のない否定は意味がない/人のせいにしない/勉強に発想が負けてはいけない……など99の至言。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:151ページ
出版社:幻冬舎
言語:日本語
梱包サイズ:18.6 x 12.8 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  映画
  大衆演芸
  4344026241
  演劇
  近代:明治以後
  音楽
  僕がコントや演劇のために考えていること
  幻冬舎
  小林 賢太郎



【関連図書】


小林賢太郎戯曲集STUDYAL…

小林賢太郎戯曲集―椿鯨雀(幻冬…

小林賢太郎戯曲集
CHE…

小林賢太郎戯曲集―homeFL…

ラーメンズつくるひとデコ

うるうのもり


posted by BookReviewer at 19:01| エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする