2018年01月28日

子供たちは家ではそれぞれ「仕事」をもち、野山を駆け巡り「自力で獲物をとってくる係」であった



【 著者 】 加来 匠
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
子供たちは家ではそれぞれ「仕事」をもち、野山を駆け巡り「自力で獲物をとってくる係」であった!?素晴らしき古里の里山少年物語、ここに誕生。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       まえがきにかえて―ウサギの丘に勝利のおたけび
       戦後欠食児童のライフスタイル
       シバキ猟は格好ヨカ!
       雨降りはズガニ日和
       手作り仕掛けでお小遣いかせぎ
       ズガニとバケツと蕗の葉と
       トクちゃんの初体験
       竿でウサギを、びゅーっっっ!!
       米研ぎは楽しい
       掻い堀り大作戦〔ほか〕

【書籍情報】
単行本:191ページ
出版社:つり人社
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 12.8 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  〔か行の著者〕
  つり人社
  4864470073
  近代:明治以後
  加来 匠
  随筆
  日本文学
  うさぎ美味しい、かの山―嗚呼、懐かしき悪ガキ時代



【関連図書】


アジング・メバリング超思考法

アジング・メバリングがある日突…

ライトゲームアカデミー


posted by BookReviewer at 21:12| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする