2018年01月28日

根拠なく不安がるのではなく、きちんと考える



【 著者 】 池上彰
【 評価 】 3.9
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
根拠なく不安がるのではなく、きちんと考える。そのための1冊。

安保関連法について、「正直よくわからない」「みんなが反対してるから、反対」
「賛成なんだけど、理由ははっきり言えない」など、
関心はあるけれど曖昧な知識ではっきり主張できずにいる人たちへ向けて。
あなたの安保法案にまつわるモヤモヤを池上さんが解説!
安保関連法可決で、これからの日本はどう変わるのか?
自衛隊の活動範囲は、具体的にどう変わるのか?
今後考えられ得る具体的なリスクは? またメリットは?
日本は本当に戦争にかかわるリスクが高まったのか?
池上さんの見方を展開します。池上さんが語る「安保関連法」の書籍は初めて。

▼本書の構成
序章 賛成派と反対派、噛み合わなかった議論
1章「安保法案」は「憲法違反」って、どういうこと?
2章「安保関連法」って、いったいなに?
3章「安保法制」と中国
4章「安保関連法」はアメリカの言いなり?
5章 政治運動の新潮流が起きた
6章 戦後の安全保障政策の大転換って、どういうこと?
7章「安保関連法」と「安保条約」との関係は?
おわりに 憲法を、民主主義を私たち一人ひとりが考える


(著者より)
根拠なく不安がるのではなく、きちんと考える。そのための1冊。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
新書:208ページ
出版社:SBクリエイティブ
言語:日本語
梱包サイズ:17.3 x 11.5 x 1.3 cm

【本書のキーワード】
  安全保障
  戦争と平和
  0295
  池上 彰
  軍縮問題
  4797386487
  政治
  日本は本当に戦争する国になるのか? (SB新書)
  平和問題
  日本政治・行政
  核問題
  SBクリエイティブ
  反戦運動
  昭和時代- 1926-
  原水爆禁止運動



【関連図書】


なぜ、世界から戦争がなくならな…

世界から戦争がなくならない本当…

超訳日本国憲法(新潮新書)

一気にわかる!池上彰の世界情勢…

池上彰の憲法入門(ちくまプリマ…

世界から格差がなくならない本当…


posted by BookReviewer at 18:59| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする