2018年01月26日

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉



【 著者 】 リンダ・グラットン
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可


【書籍紹介】
*下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する*

2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?
ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、
世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。
「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、
「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。
どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

働き方が変わる! 〈5つのトレンド〉
●テクノロジーの発展
●グローバル化
●人口構成の変化と長寿化
●個人、家族、社会の変化
●エネルギーと環境問題

働き方を変える! 〈3つのシフト〉
●ゼネラリスト→連続スペシャリスト
●孤独な競争→みんなでイノベーション
●金儲けと消費→価値ある経験

「食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、
忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、
勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。
覚悟を持って選べば、未来は変えられる。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
ハードカバー:402ページ
出版社:プレジデント社
言語:日本語
梱包サイズ:19.5 x 13.8 x 3 cm

【本書のキーワード】
  Geschichte
  池村 千秋
  Sociology
  Business & Economics
  Social Science
  Sociology - General
  労働経済.労働問題
  労働問題・理論
  General
  Wirtschaft / Allgemeines
  ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
  プレジデント社
  4833420163
  社会
  Forecasting
  リンダ・グラットン
  Lexika



【関連図書】


LIFESHIFT(ライフ・シ…

週刊東洋経済2017年7/22…

未来企業レジリエンスの経営とリ…

未来の働き方を考えよう人生は二…

君に友だちはいらない

未来の年表人口減少日本でこれか…


posted by BookReviewer at 07:46| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする