2018年01月25日

世界中のユーザから圧倒的な支持を得て、プラットフォームを越えた定番のプログラミング言語となったPerl



【 著者 】 トムクリスチャンセン
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可


【書籍紹介】
世界中のユーザから圧倒的な支持を得て、プラットフォームを越えた定番のプログラミング言語となったPerl。その原典である本書には、「セキュリティ」や「Perlの常識」を含む「文化としてのPerl」と、特殊変数や標準関数、プラグマモジュール、標準モジュールなどをまとめた「リファレンス」の2パートを収録。言語の開発者自らが、Perlプログラムの書き方について解説した。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       4部 文化としてのPerl(CPAN
       セキュリティ
       Perlの常識
       Perlスクリプトの移植性
       POD(Plain Old Documentation)
       Perl文化)
       5部 リファレンス(特殊変数
       関数
       標準Perlライブラリ
       プラグマモジュール
       標準モジュール
       診断メッセージ)

【書籍情報】
単行本:1303ページ
出版社:オライリー・ジャパン; 第3版 (2002/09)
言語:日本語
発売日:2002/09
梱包サイズ:22.8 x 18 x 4 cm

【本書のキーワード】
  近藤 嘉雪
  4873110971
  プログラミング言語
  コンピュータ プログラミング.アルゴリズム
  Larry Wall
  トム クリスチャンセン
  Tom Christiansen
  オライリー・ジャパン
  ラリー ウォール
  プログラミング
  総記
  Jon Orwant
  情報科学
  ジョン オーワント
  プログラミングPerl〈VOLUME2〉
  一般向け



【関連図書】


プログラミングPerl〈VOL…

Perlクックブック〈VOLU…

続・初めてのPerl改訂第2版

Perlクックブック〈VOLU…

モダンPerl入門(CodeZ…


posted by BookReviewer at 23:17| コンピュータ・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする