2018年01月25日

毒見師イレーナ (ハーパーBOOKS)



【 著者 】 渡辺由佳里
【 評価 】 4.4
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可


【書籍紹介】
「2018年1月 NHKラジオドラマ放送決定!」

それは少女が生きるための、ただ一つの手段。
世界シリーズ累計82万部突破の、
壮絶サバイバル・ファンタジー!

ある殺人を犯した罪で死刑囚となった少女イレーナ。ついに絞首台へと送られる日を迎えるも、そこで思わぬ選択肢を与えられる――今すぐ絞首刑か、それとも、国の最高司令官の毒見役になるか。だが毒見役を選んだイレーナを待ち受けていたのは、逃走防止の猛毒だった。かくして少女は毎日与えられる解毒剤なしには生きられぬ身体に。わずかな生きる希望に賭け壮絶な日々に立ち向かうが……。

原題:『Poison Study』――コンプトン・クルック賞、Readers Choice Award受賞。アレックス賞ノミネート。
続編『イレーナの帰還』好評発売中
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:528ページ
出版社:ハーパーコリンズ・ ジャパン
言語:日本語
梱包サイズ:14.8 x 10.4 x 2 cm

【本書のキーワード】
  渡辺 由佳里
  英米文学
  〔サ行の作家〕
  翻訳小説
  毒見師イレーナ (ハーパーBOOKS)
  20世紀-
  小説.物語
  0197
  マリア・V スナイダー
  4596550026
  ハーパーコリンズ・ ジャパン



【関連図書】


イレーナの帰還(ハーパーBOO…

最果てのイレーナ(ハーパーBO…

イレーナ、失われた力(ハーパー…

紅玉は終わりにして始まり(時間…

紙の魔術師(ハヤカワ文庫FT)

青玉は光り輝く(時間旅行者の系…


posted by BookReviewer at 13:10| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする