2018年01月23日

待望の「数学ガール」第3弾、ついに刊行



【 著者 】 結城浩
【 評価 】 4.1
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可


【書籍紹介】
待望の「数学ガール」第3弾、ついに刊行!!

結城浩の「数学ガール」第3弾。

本書のメインテーマは「ゲーデルの不完全性定理」です。
ゲーデルが20世紀に証明した「不完全性定理」は、
数学の世界に大きな衝撃を与えたのみならず哲学にも大きな影響を与えました。
数学は不完全なのか?
もしも数学が不完全だとしたらそれは理性の限界を示すものなのか?
そもそもゲーデルはいったい何を証明したのか?

本書『数学ガール/ゲーデルの不完全性定理』では、不完全性定理の意味を理解するため、
集合と論理を基礎からていねいに学びます。

本書で取り扱う題材は、「正直者は誰?」「0.999…は1に等しいか」といったクイズ的なものから、
「数学的帰納法」「ペアノの公理」「εδ論法」「公理と定理」「数学における証明とは何か」「無限」
といった深いテーマまで、多岐にわたります。

前著同様、ぼくと、三人の数学ガール(天才少女ミルカさん、元気少女テトラちゃん、
妹キャラのユーリ)が大活躍します。

前著の読者はいうまでもなく、「ゲーデルの不完全性定理」に関心をもつ読者や、数学愛好家など、
すべての数学ファンにとって、最良の一冊です。

----------------------
●登場人物紹介

「僕」
高校二年生、語り手。
数学、特に数式が好き。

ユーリ
中学二年生、「僕」の従妹。
栗色のポニーテール。論理的な思考が好き。

テトラちゃん
高校一年生、いつも張り切っている《元気少女》。
ショートカットで、大きな目がチャームポイント。

ミルカさん
高校二年生、数学が得意な《饒舌才媛》。
長い黒髪にメタルフレームの眼鏡。


「僕」の母親。

瑞谷女史
「僕」の高校に勤務する司書の先生。
----------------------
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:408ページ
出版社:SBクリエイティブ
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 15 x 2.6 cm

【本書のキーワード】
  4797352965
  Science
  自然科学 / 数学
  SBクリエイティブ
  Lexika
  Physics - Mathematical & Computational
  数学
  Mathematical Physics
  Physik / Astronomie / Allgemeines
  数学ガール/ゲーデルの不完全性定理 (数学ガールシリーズ 3)
  結城 浩



【関連図書】


数学ガール/フェルマーの最終定…

数学ガール/ガロア理論(数学ガ…

数学ガール/乱択アルゴリズム(…

数学ガール(数学ガールシリーズ…

数学ガールの秘密ノート/微分を…

数学ガールの秘密ノート/数列の…


posted by BookReviewer at 12:12| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする