2018年01月17日

北京報道700日―ふしぎの国の新聞特派員



【 著者 】 古森義久
【 評価 】 4.1
立ち読みはこちらから
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可


【書籍情報】
単行本:210ページ
出版社:PHP研究所
言語:日本語
梱包サイズ:18.4 x 13 x 2 cm

【書籍紹介】
盗聴、監視、圧力——国際報道一筋のベテラン記者が北京駐在700日のあいだに出会った摩訶不思議な出来事の数々を赤裸々に綴った話題作。
前に進まないウサギ、姿を消す猫、空飛ぶブタ……、中国報道はまさに「ワンダーランド」だった。
 自他ともに認める第一級の国際報道記者が迷い込んだ「一見ふつう」だが「根底が異常」な世界とは?
 ベトナム報道、ワシントン駐在、ボーン上田賞受賞と、国際報道畑で折り紙つきの実績をもつ古森氏は、1998年12月から今日まで、産経新聞中国総局長として七〇〇日の北京駐在を経験した。
 馴れ合い、当局の恫喝、尾行、盗聴、インターネットの傍受など、そこで出会った「日中友好」報道の「不可思議」と「非常識」の数々を、報道慣行のタブーを破って赤裸々につづる。
 主な内容は、「アリスも驚くふしぎなふしぎな『日中関係』」「法輪功が中国を揺がす」「間違いだらけの中国援助」「曲り角を迎えた中国援助」「中国恫喝外交の誤算」など。
 閣僚の靖国神社参拝にまで苦情をいう「恫喝」外交が、お題目としての「日中友好」の実態を白日のもとにさらす日は近い。


【本を見る】
アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本書のキーワード】
  北京報道700日―ふしぎの国の新聞特派員
  ジャーナリズム
  古森 義久
  4569612989
  外交 国際問題
  政治・経済・社会・文化事情.中国
  一般向け
  ジャーナリズム 新聞
  PHP研究所
  中華人民共和国時代 1949-

【 目次 】
 1 ふしぎの国の国際報道記者(アリスも驚くふしぎなふしぎな「日中関係」
 北京報道700日の真実
 法輪功が中国を揺がす)
 2 対中援助を削減せよ(間違いだらけの中国援助
 日中「友好」という幻想
 曲り角を迎えた対中投資)
 3 中国外交の誤算(中国恫喝外交の誤算
 「米中新時代」の虚実
 日中関係は「変化」した)


【関連図書】


なぜ中国人は日本のトイレの虜に…

国が崩壊しても平気な中国人・会…


posted by BookReviewer at 18:44| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする