2020年02月07日

ドルがなくなる日―迫り来る中国・人民元の足音 (主婦の友新書)【江波戸哲夫】



ルはいつ、どんな風に国際通貨としての役目を終えるのか。約百年前に世界経済の覇権を握ったアメリカドルは今、徐々にその権威を失墜させつつある。驚愕の近未来シミュレーション。とうとうドルの終焉に向けてカウン...続きは本文で

【 著者 】 江波戸哲夫
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
ドルはいつ、どんな風に国際通貨としての役目を終えるのか。約百年前に世界経済の覇権を握ったアメリカドルは今、徐々にその権威を失墜させつつある。驚愕の近未来シミュレーション。

とうとうドルの終焉に向けてカウントダウンが始まった! 衰弱し始めたドルを延命するため、米国は近年、世界中を巻き込んでさまざまな手を打ってきた。しかしリーマン・ショックは、それらの試みを粉みじんに吹き飛ばしてしまう。通貨とは、現代が産み出した危うい時限爆弾である。目下のユーロ危機がヨーロッパ中に反政府デモや政情不安の連鎖を生み出しているように、ロシア、韓国とあちこちで爆発し、国を滅ぼしかねない危機を生み出すことも稀ではない。ドルがいつ、どんな風に終焉を迎えるのか、そのあとの基軸通貨はどうなるのか・・野望と陰謀うずまく国際経済の舞台裏を、気鋭の経営コンサルタントと経済小説作家が、タッグを組んで暴く、国際経済サスペンス!
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
新書:192ページ
出版社:主婦の友社
言語:日本語
梱包サイズ:17.2 x 10.8 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  金融・通貨
  主婦の友社
  国際通貨体制
  4072733245
  国際通貨
  竹谷 仁宏
  ドルがなくなる日―迫り来る中国・人民元の足音 (主婦の友新書)
  経済
  通貨協定
  通貨圏
  江波戸 哲夫


posted by BookReviewer at 08:49| 新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする