2020年02月06日

20世紀初頭、わずか500人が住む農村だった石家荘は、中国南北と華北東西を結ぶ鉄道がこの地で交差したことで急速な発展をとげるようになりました



0世紀初頭、わずか500人が住む農村だった石家荘は、中国南北と華北東西を結ぶ鉄道がこの地で交差したことで急速な発展をとげるようになりました。鉄道旧駅を中心に放射状に広がる街区をもち、河北省の政治、経済...続きは本文で

【 著者 】 「アジア城市(まち)案内」制作委員会
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
20世紀初頭、わずか500人が住む農村だった石家荘は、中国南北と華北東西を結ぶ鉄道がこの地で交差したことで急速な発展をとげるようになりました。鉄道旧駅を中心に放射状に広がる街区をもち、河北省の政治、経済の中心地となっている石家荘を、この街が誕生する以前からの伝統をもつ古都正定、見事な石橋の残る趙県などともに案内します。かんたんな図版、地図計17点収録。【おまけ】まちごとチャイナ『河北省002石家荘』とスマホアプリ上で連動して使えるPDF(日本語)のホテル&レストラン情報旅行ガイド『石家荘STAY』の無料ダウンロードリンクつき。【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
オンデマンド (ペーパーバック):176ページ
出版社:まちごとパブリッシング
言語:日本語
商品パッケージの寸法:12.8 x 1.1 x 18.2 cm

【本書のキーワード】
  「アジア城市(まち)案内」制作委員会
  4866202017
  まちごとパブリッシング
  河北省002石家荘 ~河北省の省都「十字交差路」 (まちごとチャイナ)


posted by BookReviewer at 22:16| 旅行ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする