2019年12月30日

口もきかず、動きまわることもなく、朝から晩まで同じ場所にじっとしている植物



もきかず、動きまわることもなく、朝から晩まで同じ場所にじっとしている植物。悩んだり、喜んだり、日々忙しく生きている人間から見ると、植物という生き物はなんともつまらなく退屈に思えてしまうかもしれない。し...続きは本文で

【 著者 】 蓮実香佑
【 評価 】 4.3
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
口もきかず、動きまわることもなく、朝から晩まで同じ場所にじっとしている植物。悩んだり、喜んだり、日々忙しく生きている人間から見ると、植物という生き物はなんともつまらなく退屈に思えてしまうかもしれない。しかし、身近にいながら謎の多い植物の生き方をつぶさに見ていくと、そこには驚くべき神秘と不思議な生態が隠されている。
本書は、植物学が明らかにしてきた植物の実像を物語ふうにまとめたサイエンス読み物である。悲喜こもごもに生きる植物たちのまっすぐな生き方に共感するかもしれない。あるいは自らの生き方を問い直すことになるかもしれない。
いずれにせよ、植物という、いつもわれわれの身近にあるなんでもない生き物が、これからは愛おしくて仕方なくなることは間違いないだろう。
中学生以上から興味を持って読んでいただける良質の科学読み物です。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:235ページ
出版社:PHPエディターズグループ
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 13.2 x 2 cm

【本書のキーワード】
  「植物」という不思議な生き方
  一般植物学
  植物学
  蓮実 香佑
  4569646239
  植物
  一般向け
  PHPエディターズグループ



【関連図書】


植物の不思議な生き方(朝日文庫…

桃太郎はなぜ桃から生まれたのか…


posted by BookReviewer at 17:44| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする