2019年11月20日

経営者のためのIPOを考えたら読む本 (会社経営NEOマニュアル)【手塚 貞治】



小企業から大企業まで、数多くの上場を手掛けたコンサルタントが「公正中立な観点」から、 上場すべきか否かの検討材料を提示します。ステップを負いながら考えられる他に類を見ない1冊です。 経営者はもちろんで...続きは本文で

【 著者 】 手塚 貞治
【 評価 】 3.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
中小企業から大企業まで、数多くの上場を手掛けたコンサルタントが「公正中立な観点」から、
上場すべきか否かの検討材料を提示します。ステップを負いながら考えられる他に類を見ない1冊です。
経営者はもちろんですが、経営をサポートするプロの方にもお勧めです。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:190ページ
出版社:すばる舎
言語:日本語
梱包サイズ:21.2 x 15 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  経営者のためのIPOを考えたら読む本 (会社経営NEOマニュアル)
  株式.社債
  経済
  4799103687
  経営管理
  手塚 貞治
  すばる舎



【関連図書】


IPOをやさしく解説!上場準備…

IPOは野村にきいてみよう。

IPO(新規株式公開)を目指す…

実戦!上場スタート

日本電産永守重信が社員に言い続…

株式後悔~後悔せずに株式公開す…


posted by BookReviewer at 13:59| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする