2019年11月20日

インドネシアの投資・会社法・会計税務・労務(発行:TCG出版) ((海外直接投資の実務シリーズ))【久野康成公認会計士事務所】



ンドネシアは、2011年に入って好況を博している国の一つといえます。8月の時点で、貿易取引額は過去最高を更新する勢いで、1~8月の自動車販売数が前年同期比14%増となるなど、国内市場も好調を維持してい...続きは本文で

【 著者 】 久野康成公認会計士事務所
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
インドネシアは、2011年に入って好況を博している国の一つといえます。8月の時点で、貿易取引額は過去最高を更新する勢いで、1~8月の自動車販売数が前年同期比14%増となるなど、国内市場も好調を維持しています。
また、外国からの直接投資も上半期終了時点で前年比24%増となりました。好調な経済を反映するように、アジア開発銀行は、2011年度、2012年度の経済成長率をそれぞれ6.7%、6.8%へと上方修正しました。これは、ASEAN地域では、ラオス、カンボジアに次ぐ数字で、タイやベトナムを大きく上回っています。
一方で、インフラ整備には大きな課題があります。ハード面では、電力、道路、通信の不足、ソフト面では、行政手続や法手続について担当者ごとに解釈が異なる点や、手続に多くの時間を要することが指摘されています。
世界銀行発表のビジネス環境ランキングでも世界183カ国中121位にランクされていることからもわかるように、このあたりが日系企業の活動のボトルネックとなっています。
「海外直接投資実務シリーズ」として、インド、タイ、ベトナムに続く、シリーズ4冊目の本著には、インドネシアの基本的な投資環境等の情報から会社法務、税務、労務に至るまでビジネスを展開に必須な情報を収録しています。インドネシア進出を考える企業にとってファーストステップになる一冊です。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):373ページ
出版社:出版文化社
言語:日本語
商品パッケージの寸法:21 x 2.8 x 15 cm

【本書のキーワード】
  株式会社東京コンサルティングファーム
  海外進出・海外投資
  国際投資.国際資本移動.外資導入
  出版文化社
  国際投資.国際資本移動.外資導入.アジア.東洋
  ユーラシア大陸
  シルクロード全域
  久野康成
  4883384535
  久野康成公認会計士事務所
  経済
  東アジア
  インドネシアの投資・会社法・会計税務・労務(発行:TCG出版) ((海外直接投資の実務シリーズ))
  小林守



【関連図書】


インドネシアの投資・M&A・会…

インドネシアの会計・税務・法務…

詳解インドネシアの法務・会計・…

インドネシア―多民族国家という…

インドネシアのことがマンガで3…

インドネシア投資・進出ガイド


posted by BookReviewer at 02:55| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする