2019年03月23日

トーナメントポーカー入門 (カジノブックシリーズ)【SHIMADAShinya】



気ブログ「ポーカーの高速道路とけものみち」が書籍化! トーナメントの基本から最新の戦略までの体系的な解説書 本書によって目指すところは、中程度の参加費(ライブトーナメント―オンラインでない実地のトー...続きは本文で

【 著者 】 SHIMADAShinya
【 評価 】 4.2
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
人気ブログ「ポーカーの高速道路とけものみち」が書籍化!
トーナメントの基本から最新の戦略までの体系的な解説書 本書によって目指すところは、中程度の参加費(ライブトーナメント―オンラインでない実地のトーナメント―では100~300ドル、オンラインでは6.5~24ドル)の90人くらいのトーナメントで、コンスタントに入賞(入賞率15~20%)し、優勝する(優勝率5~10%程度)プレイヤーになり、さらには、WSOPやオンラインなどの参加者1,000人を超えるビッグトーナメントに参加して入賞できるようになるプレイヤーとなることです。 第1章では、テキサスホールデムの基礎知識を紹介します。ここで、ポーカーの基礎理論からオッズ、「ポジションの力」などトーナメントポーカーの戦略を習得するうえで不可欠な基礎知識について説明します。 第2章では、ベッティングアクションについて、コールやレイズの基本的な意味、アグレッション(積極性)の重要性、フォールドエクイティなどの基本的な事項を説明します。 第3章では、プリフロップの戦略について、スターティングハンドの選択の仕方、レイズなどに関する意思決定の基準など幅広く説明します。 第4章では、フロップでの戦略について、コンティニュエーションベット、スロープレイなど基本的な概念を説明します。 第5章では、ポストフロップ(ターン、リバー)戦略について、ポストフロップでしばしば必要となるバリューベット、ブラフ、シックコールなどの考え方を説明します。 第6章では、トーナメント戦略として、トーナメントの序盤、中盤、終盤において必要となる概念をそれぞれ説明します。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):224ページ
出版社:パンローリング
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 15 x 2 cm

【本書のキーワード】
  4775949055
  トランプあそび
  ゲーム・マジック
  諸芸 娯楽
  トーナメントポーカー入門 (カジノブックシリーズ)
  SHIMADA Shinya
  パンローリング



【関連図書】


フィル・ゴードンのポーカー攻略…

フィル・ゴードンのポーカー攻略…

ポーカー教室(カジノブックシリ…

ガス・ハンセンのポーカーミリオ…

ステップアップポーカー──脱定…

フィル・ゴードンのデジタルポー…


posted by BookReviewer at 00:49| 趣味・実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする