2019年03月16日

パリで学んだ部屋づくり【正林 恵理子】



のを持たない暮らしに憧れても、なかなか捨てられず、収納に困っている人も多いのではないでしょうか。 包装作家(R)の正林恵理子さんのお部屋は“ものがあるのに整っている"。 家族3人の生活道具がありながら...続きは本文で

【 著者 】 正林 恵理子
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
ものを持たない暮らしに憧れても、なかなか捨てられず、収納に困っている人も多いのではないでしょうか。
包装作家(R)の正林恵理子さんのお部屋は“ものがあるのに整っている"。
家族3人の生活道具がありながら、すっきりとまとまっています。
特別な道具は使わず、そろえて・並べて・重ねるだけで、こんなにも印象が変わるのかと驚くべきことが沢山。
パリ留学時代にフランスのマルシェの商品陳列や現地のディスプレイに学んだ収納の法則を、キッチン・リビング・子ども部屋・お風呂・ランドリーなど場所別に分けて、誰でも真似できるTIPSとして紹介します。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):127ページ
出版社:エイ出版社
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 14.8 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  パリで学んだ部屋づくり
  4777939898
  住まい・住宅
  正林 恵理子
  たんす.収納法
  家政学 生活科学
  エイ出版社
  住居.家具調度
  収納設備:戸棚



【関連図書】


もっと知りたいパリの収納

フランス式整理術モノ·コト·時…

エコ・ラッピング

奇跡の3日腹ペタ-不調が消える…

パリジェンヌソフィーの部屋―5…

フランス人の部屋にはゴミ箱がな…


posted by BookReviewer at 02:42| 暮らし・健康・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする