2019年03月13日

本書は、いわゆる文科系学生を対象とする化学の教科書である



書は、いわゆる文科系学生を対象とする化学の教科書である。化学は物質の学問である。そして自分の肉体を身の回りを取り巻く万物も何らかの物質でできているのであるから、より良く生きてゆくには物質に関心をもちこ...続きは本文で

【 著者 】 加藤俊二
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
本書は、いわゆる文科系学生を対象とする化学の教科書である。化学は物質の学問である。そして自分の肉体を身の回りを取り巻く万物も何らかの物質でできているのであるから、より良く生きてゆくには物質に関心をもちこれを理解していることが大切であろう。たとい化学とは縁遠い分野で活躍する人であっても正しい物質観をもっていてもらいたいと熱望するのである。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:214ページ
出版社:化学同人 (1986/11)
言語:日本語
発売日:1986/11
梱包サイズ:21 x 14.8 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  加藤 俊二
  化学同人
  身の回りを化学の目で見れば
  化学
  4759801553


posted by BookReviewer at 22:40| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする