2019年03月04日

芭蕉号を使い始めた天和元年、蕉風俳諧が誕生した



蕉号を使い始めた天和元年、蕉風俳諧が誕生した!延宝期と天和期との間にある俳諧史の断層を論証!東西交流、とくに芭蕉と京都俳壇との関係に着目し、談林俳諧の本質と意義をとらえ直すとともに、これまで曖昧にされ...続きは本文で

【 著者 】 佐藤勝明
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
芭蕉号を使い始めた天和元年、蕉風俳諧が誕生した!延宝期と天和期との間にある俳諧史の断層を論証!東西交流、とくに芭蕉と京都俳壇との関係に着目し、談林俳諧の本質と意義をとらえ直すとともに、これまで曖昧にされてきた蕉風俳諧の成立に鋭く迫る。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       延宝・天和期俳諧への視座
       第1部 芭蕉と俳壇(“芭蕉”の誕生
       天和期前後の俳壇と芭蕉
       延宝・天和期の京都俳壇)
       第2部 京都俳人の動向(井狩友静
       小山重尚
       望月千之・千春 ほか)
       第3部 蕉門とその俳諧(天和期の蕉門
       『俳諧合』の芭蕉判詞
       俳論としての「桃青鼓舞書」 ほか)
       延宝・天和期俳諧の意義

【書籍情報】
単行本:352ページ
出版社:八木書店
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 14.6 x 2.8 cm

【本書のキーワード】
  芭蕉と京都俳壇―蕉風胎動の延宝・天和期を考える
  学術書
  八木書店
  日本文学
  佐藤 勝明
  松尾芭蕉
  4840696381
  詩歌


posted by BookReviewer at 06:48| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする