2019年02月15日

「おもしろい」のゲームデザイン ―楽しいゲームを作る理論【Raph Koster】



書は、今日のゲーム業界を牽引するゲームデザイナーであり偉大な思想家でもあるラフ・コスターが著した、おもしろくて刺激的な読み物です。「あるゲームは楽しく感じるのに、別のゲームはつまらなく感じるのはなぜか...続きは本文で

【 著者 】 Raph Koster
【 評価 】 3.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
本書は、今日のゲーム業界を牽引するゲームデザイナーであり偉大な思想家でもあるラフ・コスターが著した、おもしろくて刺激的な読み物です。
「あるゲームは楽しく感じるのに、別のゲームはつまらなく感じるのはなぜか」「ゲームで遊ぶことと、学ぶことがどのように関連しているのか」「難しすぎるゲームや簡単すぎるゲームが失敗するのはなぜか」といった、
成功するゲームを作る上でゲームデザイナーが押さえるべき重要なポイントを、話の流れを補足するイラストを使いながら著者一流の独特な視点から解き明かしてくれます。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):283ページ
出版社:オライリージャパン
言語:日本語
梱包サイズ:20.8 x 14.8 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  Raph Koster
  ピンボール
  「おもしろい」のゲームデザイン ―楽しいゲームを作る理論
  一般向け
  オライリージャパン
  酒井 皇治
  4873112559
  玩具
  BUK253295
  テレビゲーム
  パチンコ
  プログラミング
  総記
  室内娯楽



【関連図書】


「ヒットする」のゲームデザイン…

「レベルアップ」のゲームデザイ…

組み立て×分解!ゲームデザイン…

「タッチパネル」のゲームデザイ…

遊びと人間(講談社学術文庫)

ホモ・ルーデンス(中公文庫)


posted by BookReviewer at 00:35| コンピュータ・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする