2019年02月06日

「パノプティコン」という言葉をご存じだろうか



パノプティコン」という言葉をご存じだろうか? 日本語では「全展望監視システム」と訳されている。 18世紀、ベンサムによって考案された監獄の設計案だ。 ウィキリークスやフェイスブック革命による一連の騒動...続きは本文で

【 著者 】 ジョン・キム
【 評価 】 3.6
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
「パノプティコン」という言葉をご存じだろうか? 日本語では「全展望監視システム」と訳されている。
18世紀、ベンサムによって考案された監獄の設計案だ。
ウィキリークスやフェイスブック革命による一連の騒動を見て、著者は、このパノプティコンを思い出したと語る。
ただ、構図は逆だ。牢獄にいて見張られるのが政府や大企業で、看守塔にいるのが市民なのである。

あのジョージ・オーウェルが小説『1984』において危惧していたのは、「ビッグブラザー」としての政府によって、市民の一挙手一投足が監視される未来社会だったが、
ウィキリークスやフェイスブックの登場は、政府活動の陰の部分を含めたあらゆる情報を明らかにし、勇気ある市民が声を結集し、命をかけた政治行動を起こすための強力な武器を与えた。

看守塔にいるのは市民であり、監視されるのは政府であるという「逆パノプティコン社会」の到来だ。

本書は、気鋭のメディア学者ジョン・キムが、ウィキリークスやフェイスブック革命に関するハーバード大学インターネット研究所の面々との議論、
ならびに独自の視点による分析を通じて、この「逆パノプティコン社会」すなわち情報完全透明化社会の到来を論じる一冊である。

〈コピー〉
気鋭の法学者が読み解く、
ウィキリークスと
ジャスミン・エジプト革命が示した
逆パノプティコン社会(情報完全透明化社会)への潮流
もはや誰もこの流れを止めることはできない
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
新書:240ページ
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
言語:日本語
梱包サイズ:17.2 x 11 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  ジョン・キム
  社会科学 / 経済
  ディスカヴァー・トゥエンティワン
  ウィキリークスからフェイスブック革命まで 逆パノプティコン社会の到来 (ディスカヴァー携書)
  社会・文化
  488759898X
  情報と社会:情報政策
  BBK255488
  経済



【関連図書】


監獄の誕生―監視と処罰

フーコー・コレクション〈4〉権…

女の子が自力で生きていくために…


posted by BookReviewer at 18:36| 新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする