2019年02月02日

「なぜ、トヨタの車は全世界で売れ続けるのか



なぜ、トヨタの車は全世界で売れ続けるのか?」そこには製造から販売まで、常にお客様のためを考え続ける「トヨタ・スピリッツ」がありました。開発から製造・販売、そして社外の協力会社を含めれば、トヨタの車に関...続きは本文で

【 著者 】 志賀内泰弘
【 評価 】 4.7
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
「なぜ、トヨタの車は全世界で売れ続けるのか?」
そこには製造から販売まで、常にお客様のためを考え続ける「トヨタ・スピリッツ」がありました。開発から製造・販売、そして社外の協力会社を含めれば、トヨタの車に関わる人は100万人を超えるでしょう。本書ではそんなトヨタマンの中から、人生の情熱を傾けてトヨタ車に携わってきた7人の人物を紹介します。
障がいを持つ子供と家族のために福祉車両車の開発に人生をかけた人物。水素エネルギー社会を実現するため、新型燃料電池自動車(水素カー)を生み出した人物など、彼らは立ちはだかるいくつもの壁に直面しながらも、情熱を持ってその壁を一つ一つ打ち破り、不可能を可能にしてきました。
1台の車ができあがるまでには、決して有名ではないけれど、人知れず汗と涙を流してきた人々の熱いドラマがあります。本書はトヨタの車に込められた「魂」の秘密を解き明かす夢と希望の物語です。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       第1章 人生をかけた福祉車両開発秘話―「壁」を乗り越えた先に、お客様の笑顔が生まれる(車作りで社会を変える!
       家族と同じようによりそう)
       第2章 未来の車新型燃料電池自動車(水素カー)開発の先駆者たち―「情熱」こそが、人を動かす(苦労せずに「いいもの」はできない
       突きつけられた課題から「逃げない」)
       第3章 カーナビ開発への挑戦―世界初はクレームから生まれた(世界初のカーナビを作った人物
       カーナビ開発一筋で三十六年の人生 ほか)
       第4章 最高の安全を守るネジ製造―たかが「ネジ」一本をおろそかにしない(「たかがネジ、されどネジ」トヨタの成長とともに九十二年
       豊田佐吉翁の時代からネジを納める ほか)
       第5章 レクサス「販売の流儀」―No.1セールスマンは当たり前を大切にする(「キング・オブ・レクサス」と呼ばれるレクサス店のNo.1セールスマン
       本当は、採用試験が「不合格だった!?」 ほか)

【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):239ページ
出版社:PHP研究所
言語:日本語
梱包サイズ:19 x 12.8 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  運輸 交通
  4569828043
  PHP研究所
  自動車・機械産業
  No.1 トヨタ 7つの仕事魂(スピリッツ)
  志賀内 泰弘
  自動車産業:生産と流通
  0030



【関連図書】


レクサス星が丘の奇跡

豊田章男が愛したテストドライバ…

なぜ、私はBMWを3日に1台売…

なぜ、メルセデス・ベンツは選ば…

トヨタ快進撃の秘密(洋泉社MO…

毎日が楽しくなる17の物語


posted by BookReviewer at 14:33| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする