2019年01月18日

広島・長崎への原爆投下再考―日米の視点【木村朗】



村/朗 鹿児島大学法文学部教授。1954年8月生まれ。北九州市小倉出身。九州大学大学院時代に旧ユーゴのベオグラード大学に留学。日本平和学会理事、九州平和教育研究協議会会長 カズニック,ピーター アメ...続きは本文で

【 著者 】 木村朗
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
木村/朗
鹿児島大学法文学部教授。1954年8月生まれ。北九州市小倉出身。九州大学大学院時代に旧ユーゴのベオグラード大学に留学。日本平和学会理事、九州平和教育研究協議会会長

カズニック,ピーター
アメリカン大学歴史学部准教授、核問題研究所長。1948年7月生まれ。米ニューヨーク市出身。1984年、ラトガース大学で博士号(歴史学)を取得。1995年以来、立命館大学と共同で、アメリカン大学の学生たちを毎夏、広島長崎に引率している。1995年にスミソニアン博物館での原爆被害展示が退役軍人等各方面から反対を受けて中止になったときは、率先してアメリカン大学で原爆展を開催した。アメリカの反核学者の先頭に立つ存在である

乗松/聡子
ピース・フィロソフィー・センター代表、バンクーバー九条の会ディレクター。カナダ・バンクーバーを拠点に、憲法九条、核廃絶への運動、アジア歴史和解、沖縄の米軍基地問題等に取り組む。自らのサイトやオンライン学術誌『ジャパン・フォーカス:アジア太平洋ジャーナル』を通じ、執筆活動を行う。アメリカン大学と立命館大学共同の広島長崎の旅には、2006年以来通訳・講師として参加する他、カナダ人学生を引率している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:208ページ
出版社:法律文化社
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 15 x 2 cm

【本書のキーワード】
  反戦運動
  日本史
  Peter J. Kuznick
  原水爆禁止運動
  法律文化社
  乗松 聡子
  軍縮問題
  安全保障
  核問題
  太平洋戦争 1941-1945
  木村 朗
  4589033119
  戦争と平和
  ピーター カズニック
  日中・太平洋戦争・占領時代
  広島・長崎への原爆投下再考―日米の視点
  平和問題



【関連図書】


原爆神話の50年―すれ違う日本…

“ヒロシマ・ナガサキ”被爆神話…

原発とヒロシマ――「原子力平和…

アメリカの中のヒロシマ(下)

アメリカ人の核意識―ヒロシマか…

オリバー・ストーンが語るもうひ…


posted by BookReviewer at 06:33| 歴史・地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする