2018年10月09日

十七歳、家出少年の人生は、挫折、家族解散、借金返済の自転車操業



七歳、家出少年の人生は、挫折、家族解散、借金返済の自転車操業。 愛猫、ビンボー暮らし、ゲージツ、室蘭、深沢七郎、モンゴル草原、青函連絡船、 編み物、ベネチア、父親、どぶろく、スキンヘッド、弟、甲斐駒ケ...続きは本文で

【 著者 】 篠原勝之
【 評価 】 4.7
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
十七歳、家出少年の人生は、挫折、家族解散、借金返済の自転車操業。
愛猫、ビンボー暮らし、ゲージツ、室蘭、深沢七郎、モンゴル草原、青函連絡船、
編み物、ベネチア、父親、どぶろく、スキンヘッド、弟、甲斐駒ケ岳……
老いてなお逃げ続ける脚力で描き切った、崖っぷちの連作集!

文芸誌掲載作から名短篇を集めた『文学2014』アンソロジーに選ばれた
表題作。鉄と戯れ、ゲージツする日々、蜂に刺され鹿が迷いこむ山の生活。
家族と己の生と死を、タフに見つめつづける全8作。

第43回泉鏡花文学賞受賞。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:227ページ
出版社:文藝春秋
言語:日本語
梱包サイズ:19.5 x 14 x 2.5 cm

【本書のキーワード】
  骨風
  近代:明治以後
  日本の小説
  日本文学
  篠原 勝之
  文藝春秋
  93
  4163902953
  〔さ行の作家〕



【関連図書】


蔦屋

あたえる人があたえられる

殺し屋のマーケティング

白菊-shiragiku-:伝…

コーヒーが冷めないうちに

妻が椎茸だったころ


posted by BookReviewer at 11:18| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする