2018年09月15日

はたしてスミスは、人間を利己的な存在としてのみとらえ、競争を重視する経済学者だったのか



たしてスミスは、人間を利己的な存在としてのみとらえ、競争を重視する経済学者だったのか。...続きは本文で

【 著者 】 アダムスミス
【 評価 】 4.2
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
はたしてスミスは、人間を利己的な存在としてのみとらえ、競争を重視する経済学者だったのか。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:397ページ
出版社:中央公論新社
言語:日本語
梱包サイズ:17.4 x 11 x 2.4 cm

【本書のキーワード】
  大河内 一男
  Adam Smith
  4121601157
  スミス Smith
  1723-1790
  経済思想・経済学説
  経済
  国富論〈2〉 (中公クラシックス)
  中央公論新社
  ADam
  アダム スミス



【関連図書】


国富論(1)(中公文庫)

国富論国の豊かさの本質と原因に…

国富論国の豊かさの本質と原因に…

アダム・スミス―『道徳感情論』…

国富論(3)(中公文庫)

国富論1(岩波文庫白105-1…


posted by BookReviewer at 17:38| 新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする