2018年03月19日

戦闘の科学:軍事ORの理論―捜索理論,射爆理論,交戦理論【飯田耕司】



事ORの捜索理論、射爆理論、交戦理論の研究テーマは、軍事行動の基本である、「敵の迅速な発見」、「効率的な撃破」、「交戦状況の的確な評価」にある。マクロな戦略論は世界情勢の変転と論者の視座によって様々に...続きは本文で

【 著者 】 飯田耕司
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
軍事ORの捜索理論、射爆理論、交戦理論の研究テーマは、軍事行動の基本である、「敵の迅速な発見」、「効率的な撃破」、「交戦状況の的確な評価」にある。マクロな戦略論は世界情勢の変転と論者の視座によって様々に変化するが、上述の戦術ORの理論は戦闘技術の原則を科学的に分析し、その不易の原理を究明するものである。即ち前者の政治論に対して、後者は理学である。これまでわが国では軍事ORは禁忌の研究分野であり、学会の論文発表や市販の専門書・解説書等は皆無であるが、これらは防衛技術の基礎研究として不可欠である。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:435ページ
出版社:三恵社 (2005/06)
言語:日本語
発売日:2005/06
梱包サイズ:20.8 x 14.8 x 2.4 cm

【本書のキーワード】
  三恵社
  交戦理論
  一般向け
  射爆理論
  戦闘の科学:軍事ORの理論―捜索理論
  飯田 耕司
  4883613275
  戦争 戦略 戦術
  戦略.戦術.戦闘.心理戦争



【関連図書】


改訂軍事ORの理論

国防の危機管理と軍事OR

不確実性への挑戦:意思決定分析…

捜索理論3訂版―捜索オペレーシ…

捜索の情報蓄積の理論―目標分布…

増補軍事OR入門情報化時代の戦…


posted by BookReviewer at 00:53| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする